うつ病で働けなくなり、住宅ローンが支払えなくて任意売却

私は50代の公務員です。長く働いていた部署から移動になった時をきっかけに、人間関係に悩み、医師からうつ病であると診断されました。うつ病は、治療を行う事ですぐに良い状態になる事は難しいとされていますが、私も同じであり、結果的に退職を余儀なくされてしまいました。安定した収入があった事でマイホームを購入しておりましたが、退職した事はもちろん、医療費などもかさみ、住宅ローンの返済が困難になりました。このような状態ですので、うつ病の症状も悪化していったのを憶えております。そんな私の状態を心配した家内が専門家に相談しましたところ、任意売却でマイホームを手放す方法を勧められました。競売よりも利点が多いとの事で迷わず選択したのです。任意売却では競売と違い、ご近所に差し押さえられた物件である事を知られる事もなかったため、引越しの挨拶だけで済み、後ろめたさや恥ずかしさを感じる事がなかった事は、病気の私にとってなりよりありがたい事でした。また、私の病気の状態、また任意売却では、家族の生活状況などを考慮して下さったために、引越しの時期などもこちらで決める事ができたというのも大きなメリットでした。現在は生活の再建をはかるべく、新天地で気持ちも新たに頑張っており、病気もほぼ回復しています。

マイカーローンで修理をする場合は、基本的に車の修理をする車屋さんが提携している金融機関でローンを組むことになることが多いのですが、銀行などのマイカーローンで車の修理費を捻出することも可能です。
もちろん事故や故障の場合は、あらかじめ銀行でマイカーローンの説明を受けておくことができるわけではありませんので、修理工場に車が入った段階でマイカーローンが利用できるかどうか問い合わせをしなければいけないのですが、マイカーローンで修理をする場合は部品代や工事にかかる費用などの見積もりを持って銀行に訪れるようにしましょう。
またマイカーローンだけではなく、銀行のローンの使い道としてフリーローンで自動車を修理するという方法もありますので、できるだけ低金利で修理をしたいのであれば、銀行のマイカーローン、フリーローンがオススメです。

【参考】http://www.9upgoo.com/

Comments are closed.